未経験から福祉分野へ。
「誰かの役に立ちたい」思いが、原動力に。

営業
地域生活支援拠点事業
グループホーム ふわふわ港
藤尾 哲也 2019年入社

入社のきっかけ

前職では太陽光営業の仕事をしていました。しかし会社の経営状況が芳しくなく、将来を見据えて転職を決意。新しい職場を探している時に、以前から恵で働いていた友人に声をかけてもらったんです。それまで福祉の仕事とは接点がなく、資格も一切持っていない状態。それでも恵を選んだのは、「未経験でも大丈夫」という面接での一言があったから。その言葉が入社への後押しとなりました。入社後は利用者さまの健康チェックや入浴介助など、できることから仕事をスタート。最初は慣れない仕事に戸惑いもありましたが、利用者さまと触れ合ううちに仕事の面白さを実感できるようになっていきました。

やりがい

現在はいったん現場を離れ、新事業所の立ち上げ業務に携わっています。具体的には、新規オープンにともなう事業所スタッフや利用者さまの募集活動、事業所で使用する設備などの発注・搬入日の打ち合わせ等を担当しています。いちから業務を覚えるのは大変ですが、私にとってはすべてが初めての経験。毎日、新鮮味を感じています。また、恵では一人ひとりが裁量をもって仕事に取り組むことができます。会社が持っているノウハウをベースに、自分なりのアイデアを加えながら新しいことに挑戦していける環境は、やりがいやモチベーションにもつながっています。

職場環境

会社の成長や事業拡大にともない、最近はスピード感のある新事業所の開設が続いています。そのため社内にはポジションが多く、早期のステップアップが可能です。私も入社して1年ほどで新事業所の立ち上げに関わりました。経験やキャリアに関係なくチャンスを与えてもらえるのは大きな魅力だと思います。また、事業所ごとに”独自の色”を出していくことも可能なのでやりがいも大きいと思います。一方で、日勤なら週休2日、夜勤なら週休4日をしっかりと確保。仕事とプライベートの両立も実現できる環境です。

One day
9:00 出勤・営業
12:00 休憩
13:00 事務作業・立上計画の作成・情報共有
15:00 業者との打ち合わせ
16:00 スタッフ採用の面接
17:00 翌日の準備・スケジュール確認
18:00 退勤

今後の目標

事業所スタッフとして利用者さまに接していた頃と比較して、仕事内容はずいぶんと変化しました。なかでも大きく違うのが、利用者さまと接する機会の頻度。以前と比べて、その回数はずいぶんと減りました。しかし、仕事内容は変わっても人の役に立つ仕事に携わっているという事実は変わりません。新事業所の立ち上げという今の仕事を全うすることで、これからも誰かの役に立っている実感を得られると思っています。そのためには自己成長が欠かせません。目標のひとつである介護福祉士の資格取得をはじめ、常に向上心を持って仕事に取り組んでいきたいと考えています。

その他のインタビューを見る